マーケティングパートナーとして、コンサルタントとして活動する上で、次のように感じることはありませんか?

どうもマーケティングの専門家に見られていない…
いつも「実績は?」と聞かれる…
関係構築のツールを持っていない…
ニュースレターを出したいけど、、、
   デザインやレイアウトなんてよく分からない…
   プロに頼むとデザインだけで何万円もかかる…
   自分でデザインするとどこかダサい…
   毎月コンテンツを考えたり作ったりするのが大変…

 

そんなあなたに朗報です!

もし、あなたがそう思っているなら、朗報です!マーケティングパートナー協会が制作・監修したニュースレターをTTP(徹底的にパクる)して、「自分の」ニュースレターとして発行しませんか?自分のニュースレターを発行できるようになると、、、

 

マーケティング情報を毎月届けるので、専門家と認識されやすくなる!
ニュースレターの内容が気になった人から直接問い合わせをもらうチャンスができる!
ニュースレター送付を口実に、一緒にチラシを送ってセミナー等の集客効果をアップ!

 

などなど、あなたのコンサルタントとしてのステージを一段も二段も引き上げてくれるでしょう。今現在、見込み客に「実績は?」と聞かれるなどして苦戦している方にとっては、特に活動しやすくなるはずです。もちろん、あなたがすでにニュースレターを発行していたとしても、この「TTPニュースレター」に変えることによって、あなたが今ニュースレター制作に割いている時間を、もっと別の仕事に使うことができます。その効果は、、、言うまでもないですよね。

 

TTPニュースレターの3つの特徴

このTTPニュースレターは「あなた用」として使えるニュースレターの最新号を毎月お届けするサービスです。毎月15日に翌月号をお届けするので、後半2週間で印刷と発送をすれば、タイムリーにニュースレターを届けることができます。このニュースレターの大きな特徴は下記の3つです。

 

特徴1 開封率アップの仕掛け

1つ目にして最大の強みとなる特徴は開封率アップの仕掛けです。このニュースレターの原型は長谷部が作っています。長谷部は元々、某化粧品通販会社でDMの編集長としてコピーやデザイン、レイアウトの指導をしていました。中途半端な会社ではなく洗顔石けんという巨大市場で国内シェアの1/4を占めて日本一になった会社ですし、その会社を創業期も日本一になった頃も変わらず支えてきました。そんな長谷部が経験上、「読んでもらえるDM」を作る上で重要だと思う次の4つの仕掛けを、このニュースレターに施しています。

 

仕掛け① 開封しなくても目次が読める!

このニュースレターは「透明封筒」での送付をオススメします。なぜなら、中身の分からない封筒で毎月ニュースレターを送っても、最初こそ「大事な書類かな?」と思って見てもらえるかもしれませんが、それが続くと「重要書類じゃないから後でいいや」と思われ、そのまま忘れ去られてしまいます。しかし、このニュースレターを透明封筒で送ったらどうでしょうか?外から中身が見えるので気になる言葉があったら開かずにはいられなくなります。A4封筒(角形2号)で送った場合はもちろん、A4用紙の三つ折りサイズの封筒(長形3号)でも未開封の状態で目次が読めます。つまり、外から見えない部分に気になる情報が載っていても、目次で引っかかって中を読んでくれるチャンスができるのです。
※透明封筒を使わない場合は、封筒そのものに開封の仕掛けを施すことをオススメします。

 

仕掛け② 開封しなくてもリード文(導入)が読める!

A4用紙の三つ折りサイズの透明封筒(長形3号)に入れたとき、宛名と反対の面にはニュースレターのメイン特集に誘導するためのリード文を入れています。もし、読者がここの内容に興味を持ってくれたら、中を読まずにはいられないでしょう。

 

仕掛け③ タイムリーな情報で興味を引く!

仕掛け②のリード文とメイン特集には、その時期にふさわしい情報を掲載します。だからこそ、送ったタイミングで目次やリード文を読んだときに、より一層興味を持ってもらいやすいでしょう。そうなれば、中を読んでもらえますよね。

 

仕掛け④ 開封しなくても顔写真が見える!

DMを読んでもらうには「誰から送られてきたのか」がひと目で分かる必要があります。だからこそ、リード文の横にあなたの写真を載せるスペースを設けています。中を開けなくても、文字を読まなくても、読者はあなたから届いたものだと一瞬で認識できるでしょう。

 

切手や宛名ラベルが貼られても目次はしっかり読める!

差出人がひと目で分かり、しっかり中へ誘導!

 

特徴2 シンプルかつ読みやすいデザイン

このニュースレターには、デザインやレイアウト的に高度な技術は使っていません。シンプルかつ読みやすさに徹底的にこだわり、誰もが自分のものとして発行しやすいものにしています。男性的でもなければ女性的でもない中性的なデザインなので、安心して使えるはずです。

 

 

特徴3 かんたん編集&印刷入稿

このニュースレターの原本はパワーポイントで納品します。なので、ほぼすべてのメンバーが編集できるはずです。長谷部の名前や情報を入れている部分を、あなた個人の情報に書き換えて写真を差し替えるだけでOK!もちろん、あなた独自の言い回しや語尾、好みのデザインに変えたければ、すべての文章やデザインを簡単に編集できます。特に、編集後記の部分はあなたのパーソナルな情報を入れてもいいですし、独自にオファーを挿入してもいいでしょう。また、このパワーポイントのデータは「ラクスル」というネット印刷の会社の指定フォーマットを使用しています。だからこそ、編集さえできれば、あとはPDFで保存してラクスルにそのまま入稿できるのです!
※他の印刷会社をご希望の場合は、その印刷会社の指定のフォーマットへご自身で切り替えをお願いいたします。

 

 

TTPニュースレターの金額は…

結論から言うと、このTTPニュースレターサービスは月額1万円(税抜)でご利用いただけます。ニュースレターのデザインを外注したことがある方はピンとくるでしょうが、プロにデザインを頼むと1回あたり安い人でも4万円以上かかります。仮に、究極的に安売りしているデザイナーに頼んでもデザインだけで1万円はかかるでしょう。もちろん、それはデザインだけの話であり、中身は自分で考えないといけません。

 

あるいは、外注を使わずにあなた自身でA4サイズ4ページ分のニュースレターをゼロから作ったとしたら、どれだけの時間がかかるでしょうか?それをあなたの時給に置き換えてみてください。制作をすることで時間がなくなり、できなくなる仕事を想像してみてください。きっとこの安さに気がつくはずです。(そんなこと考えるまでもなく、金額だけ見て驚く安さだとは思いますが。笑)

 

なぜこんなに安いのか?

協会としては1人でも多くのメンバーに活躍してほしいと考えています。そうすることで、将来的には悩みを抱えて協会に相談を寄せる経営者に対して、紹介できるコンサルタントが増えるからです。そのためには、皆さんに活躍していただかないといけません。そのためであれば、このニュースレターを月1万円で提供しても決して安くはないのです。だって、経営者とのマッチングができるようになれば、よりビジネスのスケールが大きくなりますからね!

 

いかがでしょうか?
あなたがニュースレターにチャレンジする上での障害はすべて取り除いたつもりです。あとはあなた自身が行動に移す気があるかどうか次第。ぜひ、TTPニュースレターで新たなチャレンジをしてくださいね!

 

ご利用上の注意点

最後に注意事項を1つ、お伝えします。TTPニュースレターのご利用にあたっては簡単なルールがあります。それは、このTTPニュースレターのパワーポイント原本およびコンテンツのインターネット公開はお控えください、というものです。こちらは協会メンバーの方々に有料でお届けしているものですので、当然ですよね。もちろん、公開情報ではなくメルマガのネタとして使っていただく分には問題ありません。良識の範囲内でのご利用をお願いいたします。

 

 

※お支払いについて※
引き落としの都合上、初月の課金はありません。
2ヶ月目に2ヶ月分を引き落としますので、ご注意ください。